たるみができる原因

年齢肌には悩みたくない…と思っていても、年を取ってくると誰でも、多かれ少なかれ目の下にたるみが出てきてしまうものです。たるみはどうしてできるのか、目の周りの筋肉や皮膚が年齢を重ねるとどのように変化していくのか、というところから知っておきましょう。

どうして目の下はたるむのか?

誰にでも起こる、老化によるたるみ

目は顔の筋肉によって支えられていますが、徐々に年齢を重ねていくと目の周りの「眼輪筋」の働きが弱くなって(加齢のほか、紫外線、たたくなどの外部刺激が原因とされています)目の重さを支えきれなくなり、目とまぶたが下がってしまうのです。

そのとき、目の下部分に収まっていた脂肪が押し出されて前に飛び出してしまい、たるみが生まれます。特に目の下は皮膚が薄いため、ほんの少しの形の変化でもすぐに見た目に表れてしまうのです。

また、年を取ると皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまい、皮膚にハリがなくなり、たるみが発生します。これと初めに述べた筋肉の衰えが同時に起こることで、目の下が膨らんでたるみ、その下にくぼみができて余計にたるみが強調されてしまいます。

老化によるたるみを予防する方法は、次ページでご紹介しています。

たるみを予防する方法について>>

むくみでもたるみは起きる

顔がむくむことで目の下に余計な水分を蓄えてしまい、その重みでたるんでしまうこともあります。目の下は皮膚が薄く色々な影響が現れやすいため、ほんの少しのむくみでも露骨に表れてしまうのです。

これを解消するにはサウナやホットヨガ、岩盤欲などで血流と発汗を促進させ、むくみを解消させましょう。

現代人は目の下がたるみやすい

顔の筋肉が弱るとたるみが起こる、と述べましたが、筋肉の弱りを引き起こすのは老化だけではありません。パソコンやスマホなど、一点を長時間集中して見ていると目の周りの筋肉が「緊張状態」になり、動かなくなります。筋肉は動かさないとどんどん衰えてしまうので、最近は若い方でも目の下にたるみが出ているケースが多々あるんですよ。

可能ならば定期的に顔の筋肉を思いっきり動かして欲しいのですが、仕事中は「見られると恥ずかしい」「メイクが崩れる」など、色々問題があるかと思います…。なのでオススメは、顔の筋肉と繋がっている頭皮をマッサージすること。そして、家に帰って誰もいない空間では思いっきり顔の筋肉を動かしてみてください。結構スッキリしますし、イキイキした表情も作れるようになりますよ。