たるみができる原因

同じ年齢でも目の下のたるみが目立つ人とそうでない人がいます。なぜ人によって大きな違いが現れてしまうのでしょうか。

肌質と遺伝の関係も含め、目の下のたるみができる原因や年齢ごとの肌老化のシグナルをご紹介していきます。

年齢肌には悩みたくない…と思っていても、年を取ってくると誰でも、多かれ少なかれ目の下にたるみが出てきてしまうものです。たるみはどうしてできるのか、目の周りの筋肉や皮膚が年齢を重ねるとどのように変化していくのか、というところから知っておきましょう。

どうして目の下はたるむのか?

誰にでも起こる、老化によるたるみ

目は顔の筋肉によって支えられていますが、徐々に年齢を重ねていくと目の周りの「眼輪筋」の働きが弱くなって(加齢のほか、紫外線、たたくなどの外部刺激が原因とされています)目の重さを支えきれなくなり、目とまぶたが下がってしまうのです。

そのとき、目の下部分に収まっていた脂肪が押し出されて前に飛び出してしまい、たるみが生まれます。特に目の下は皮膚が薄いため、ほんの少しの形の変化でもすぐに見た目に表れてしまうのです。

また、年を取ると皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまい、皮膚にハリがなくなり、たるみが発生します。これと初めに述べた筋肉の衰えが同時に起こることで、目の下が膨らんでたるみ、その下にくぼみができて余計にたるみが強調されてしまいます。

年齢別に見る老化のシグナル

【20代】 20代はほとんどの人が目の下のたるみはなく、老け顔で悩むことはないでしょう。多少の肌トラブルがあってもメイクで隠したり数日集中的にケアしたりするとすぐに治るので特に気にすることもないはずです。 しかし、若いからと言って油断は禁物です。20代からきちんとケアしていかないと30代になったときに目の下のたるみやシワなどの発生に悩むことになります。「何か今日肌の調子が悪いな」ということがあればたるみのシグナルとして自覚症状を持った方が良いでしょう。

【30代】 30代になると肌は水分量が減り、きちんとケアしていないと肌状態が悪くなる一方になります。肌の水分は美しさを保つためには重要な役割を持っているので、乾燥してしまうと肌がひび割れてしまい小シワの原因になります。 そして水分が少ないことで光を反射することができずに肌のトーンが暗くなってしまう原因にもなるのです。肌の乾燥は30代が直面する老け顔のシグナルです。

【40代】 40代は身体の成熟期が終わるため、肌のたるみは急速に進んで行きます。より一層肌ケアに力を入れる人もいるのではないでしょうか。 たるみの原因がコラーゲンなどの生成不足と分かっていて、それを補うために美容成分がたくさん入った化粧品を、ずっと使い続けても効果が出ないと意味がありません。 40代のケアは加齢の進行に追いつかないことがあるので、たるみを改善してくれる成分だけではなく、効果の即効性にも目を向ける必要があります。

【50代】 50代に突入すると今まできちんとケアしてきた人でも、たるみ以外にシワやシミ、乾燥などの症状が複数出てきてしまいます。 これは新陳代謝の低下や線維芽細胞の衰えなど、身体が衰えが原因になります。新陳代謝の低下によって肌のサイクルが遅くなるため、肌のトラブルを長くため込んでしまうことになります。 また、線維芽細胞が衰えることでハリに必要なコラーゲンやエラスチンの生成が著しく減ります。そのため、身体の衰えは肌の老化にも影響してくるのです。

老化によるたるみを予防する方法は、次ページでご紹介しています。

たるみを予防する方法について>>

むくみでもたるみは起きる

顔がむくむことで目の下に余計な水分を蓄えてしまい、その重みでたるんでしまうこともあります。目の下は皮膚が薄く色々な影響が現れやすいため、ほんの少しのむくみでも露骨に表れてしまうのです。

これを解消するにはサウナやホットヨガ、岩盤欲などで血流と発汗を促進させ、むくみを解消させましょう。

誤ったスキンケアがたるみを進める原因になることも

目元の老化やたるみを隠すためについメイクでごまかしてしまうこともあるでしょう。しかし、メイクが厚くなれば落とすときも大変です。 クレンジングするときにきちんと落とそうとして目をこすり過ぎてしまうと、皮膚の角質や潤いまでもこすり落としてしまい目の下のたるみや色素沈着などの原因になってしまいます。 ゴシゴシ洗いを避けるためにお湯で落ちる化粧品に変えたり、肌に優しいミルクタイプのクレンジングを使用したりと目元の負担を減らすことができます。

生活習慣がたるみを作る大きな原因になる

睡眠不足

睡眠不足は血行不良を招いてしまい、目の下に老廃物が溜まってしまいます。この老廃物が目の下のたるみの原因になります。 また寝ていないだけではなく、質の悪い睡眠もたるみの原因になるので、カフェインが含まれている飲料の飲みすぎやテレビ、スマホ、パソコンなどを寝る前に見ることは避けましょう。 これらは脳を活性化させてしまうので、夕方以降はノンカフェインの飲料を飲み、寝る1時間前はスマホなどを見ないで布団に入ることを意識しましょう。

飲酒・喫煙

お酒を飲んで顔がむくんだことはありませんか?たるみとは関係ないと思っていたら注意です。むくみはたるみの原因の1つでしっかりケアしないといけません。 若い方はお酒を飲んでもむくまないかもしれませんが、年齢を重ねることで飲酒時にむくんでくることがあるので覚えていきましょう。

喫煙はお肌を綺麗に保つためのコラーゲンやエラスチンを破壊していき、たるみやすい肌を作ってしまいます。そのため、非喫煙者よりもお肌の老化を進めてしまいます。飲酒と喫煙はすぐにやめることができないので、回数や量を減らしていくことから意識していきましょう。

食生活

食事の栄養バランスは肌にも影響してきます。外食やコンビニばかりで食事をとっていると栄養が偏ってしまい、たるみを作らないために必要なミネラルやビタミン類が足りなくなってしまいます。 栄養の偏りは身体の健康だけではなくお肌にとっても重要なことなので、自分の食生活を見直してみましょう。偏っていると感じた方は自炊したり、栄養を考えて野菜を取ったりする食事をとるように心が毛ましょう。

ストレス

結婚しても女性は仕事を続ける方が多い時代なので、たくさんのストレスを抱えてしまうことがあります。 ストレスを抱えすぎて精神面が不安定になってしまうとお肌の状態が悪くなってしまいます。悪い状態が長く続くことで目の下にたるみを作ったり、悪化させたりするのでストレスはこまめに発散させましょう。

姿勢

日本人は猫背の方が多いようですが、この猫背が目の下のたるみの原因になってしまうのです。猫背になると顔が下向きになってしまい、皮膚が下に垂れ下がってしまうことでたるみやすくなります。 猫背はスマホやパソコンを見ているときもなりやすいので、デスクワークをしている方は常に姿勢が崩れないように意識しなくてはいけません。 また、スマホやパソコンを見ているときは無表情になるので顔の筋肉が衰える原因にもなります。時々顔の運動などして休憩するといいでしょう。

現代人は目の下がたるみやすい

顔の筋肉が弱るとたるみが起こる、と述べましたが、筋肉の弱りを引き起こすのは老化だけではありません。パソコンやスマホなど、一点を長時間集中して見ていると目の周りの筋肉が「緊張状態」になり、動かなくなります。筋肉は動かさないとどんどん衰えてしまうので、最近は若い方でも目の下にたるみが出ているケースが多々あるんですよ。

可能ならば定期的に顔の筋肉を思いっきり動かして欲しいのですが、仕事中は「見られると恥ずかしい」「メイクが崩れる」など、色々問題があるかと思います…。なのでオススメは、顔の筋肉と繋がっている頭皮をマッサージすること。そして、家に帰って誰もいない空間では思いっきり顔の筋肉を動かしてみてください。結構スッキリしますし、イキイキした表情も作れるようになりますよ。

目の下のたるみは遺伝する?

母親や父親、または祖父母などの血縁者に目の下がたるみやすい人がいる場合、将来自身も目の下がたるんでしまうのではと不安になることでしょう。 実際のところ、目の下のたるみは遺伝に関係しています。

遺伝が絶対ではありませんが、体型や体質が親から遺伝してしまうように、目の下のたるみを含む肌質の遺伝も少なからず影響してくるのです。 それではどのような体質の遺伝が目の下のたるみに関係してくるのか確認してみましょう。

乾燥肌や敏感肌

乾燥肌とは肌の水分量が少なく乾燥しやすい肌のことです。 肌の水分量が減少すると、肌のハリもなくなり、ハリを失った肌はたるみを引き起こしてしまいます。

遺伝で肌がカサカサになりやすい人、親の肌質が乾燥肌よりの人は遺伝で目の下のたるみが発生しやすい状況にあるといえます。

また、敏感肌の人も要注意です。 敏感肌とは、一般的に刺激を感じやすい肌で、化粧水などでヒリヒリしたり、かゆみを感じたりしやすい肌のこと。 ただ医学的には敏感肌という分類はなく、敏感肌だと思っている人の多くは乾燥肌であることが多いです。

むくみやすい

先にご紹介したように、余分な水分を蓄えてしまうことで、むくみが目の下のたるみの原因になることがあります。 実はこのむくみやすさも、むくみやすい体質が関係していることがあるのです。

むくみやすい体質とは、血管やリンパ節がもともと細く血液などが停滞しやすい体質や、筋肉量がもともと少なく血液を送り出す力が弱い体質のことを指します。

アレルギー体質

目がかゆく、思わずこすってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。 それがアレルギー体質でアレルギー反応を起こしてしまうと、目にかゆみが現れて、頻繁に目をこすってしまうことがあります。

目をこするということは、目の周りを刺激するということ。 刺激によってこすった部分が乾燥を引き起こし、目の下のたるみに繋がることがあるのです。

特に花粉症など、目に対してアレルギー症状を引き起こす体質を持っている場合、間接的に目の下のたるみへ影響することがあります。

シミ・ソバカス

シミやソバカスが遺伝的にできやすい人はいます。 理由は大きく2つありますが、1つはメラニンが生成されやすい肌の白い人、そして肌のターンオーバーがうまくできない人です。

肌のターンオーバーがうまくいかない理由の多くは、乾燥が原因。 実際には普通の人と比べて、シミやソバカスが生成される量自体は変わらないものの、いつまでも古いシミやソバカスが肌に残ってしまい、見た目的にも目立つようになってしまいます。そのためシミやソバカスが目立っている人は乾燥により、目の下もたるみやすい肌質であることが多いのです。

遺伝は可能性、目の下のたるみを生む要因が別にあることも

ご紹介したように、遺伝は目の下のたるみに少なからず影響を与えています。 ただし遺伝だけが原因かというと、そうとも言い切れません。最終的には、毎日のケアや生活習慣が大きく関係してきます。

ただし状況としては遺伝的な要因を抱えている方が、目の下のたるみに関わる遺伝の要素を持っていない人と比べると、目の下のたるみの問題を抱えることが多いです。 すでに体質的に目の下のたるみを感じやすい要素がある場合は、特に日々のケアや生活習慣に気をつかうべきでしょう。

パターン別で目の下がたるむ仕組みを解説

目の下のたるみができる要因には、生活習慣の乱れや遺伝、年齢などがあります。これらの要因が目の下の皮膚に負担をかけることはわかりましたが、目の下の皮膚はどのようなメカニズムでたるんでいくのでしょうか。

大浦アイクリニックによると、目の下のたるみができる原因の主なものとして、「目の下の筋肉のゆるみ」「脂肪の重み」「頬や皮膚のたるみ」があると説明しています。これらの原因について、目のまわりの皮膚がたるむメカニズムを確認していきましょう。

目の下の筋肉のゆるみ

目のまぶたには、目のまわりを囲む「眼輪筋(がんりんきん)」とよばれる筋肉があります。眼輪筋は、まぶたを動かして目を開けたり閉じたりする働きをもっており、涙の量を調節する働きも担っています。この筋肉のすぐ下には「眼窩隔膜(がんかかくまく)」とよばれる膜があり、眼窩隔膜は眼球の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)を覆っています。

眼輪筋は、年齢を重ねると自然と衰えてくる場合が多いのですが、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することが多い現代では、若い世代でも眼輪筋が衰えてしまい、目のたるみへとつながってしまうことがあるのです。

眼輪筋が衰えてしまうと、眼窩隔膜が前に出るようになってしまい、眼窩脂肪を支えきれなくなってしまいます。また、まぶた自体も支えきれなくなってしまい、目の開け閉めがしにくくなることもあります。

そして、眼輪筋以外に顔の表情筋がゆるんでしまうことも、目の下の筋肉に影響を与えてしまいます。パソコンやスマートフォンを使用しているときは、無表情だったり長時間同じ表情だったりすることも多いでしょう。このように、1日の大半を表情筋を使わずに生活することで、表情筋が衰えてしまい、目の下の筋肉の衰えにもつながっていくのですね。

さらに、パソコンやスマートフォンを使用していると、まばたきの回数も減ってしまいます。まばたきは、目の乾燥を防ぐという大切な役割がありますが、目のまわりの筋肉を衰えさせないためにも必要な動きです。まばたきが減るということは、目のまわりの筋肉のトレーニングの機会が奪われるということ。つまり、目のまわりの筋肉が衰えやすくなってしまうのです。

眼輪筋の衰えによるたるみを防ぐためには、意識的に眼輪筋のトレーニングをすることをおすすめします。石川眼科クリニックが紹介している眼輪筋トレーニングは、鏡以外の道具が必要ないトレーニングですので、気楽に取り組むことができそうですね。

脂肪の重み

眼球のすぐ下には、ロックウッド靭帯とよばれる組織があり、眼球を支えています。このロックウッド靭帯がゆるむと、眼球が下におりてきてしまいます。

ここで問題なのが、ロックウッド靭帯の下にある眼窩脂肪です。眼球が下におりてきてしまうと、眼窩脂肪が圧迫され、前に飛び出してきてしまうのです。この脂肪の重みが、目元のたるみを引き起こすのです。特に眼窩脂肪が多い人は、その分前に飛び出す脂肪の量も多くなります。

湘南美容クリニックによると、眼窩脂肪が前に出てしまうことは、眼窩脂肪のヘルニア状態であり、自然に改善することはないそうです。また、この状態を放置してしまうと、ロックウッド靭帯のゆるみもさらに進行し、眼輪筋のゆるみを引き起こすため、眼窩脂肪のさらなる突出を許してしまうことになりかねません。

品川スキンクリニック美容皮膚科によると、眼窩脂肪の突出が軽い状態であれば、首や肩のリンパマッサージをすることで目の下のたるみを解消できる可能性があるそうです。

しかし、重度の眼窩脂肪の突出の場合は、目の下の脂肪をとり除かない限り、たるみが解消せず、元に戻る可能性は低いようです。

湘南美容クリニックによると、顔表面の皮膚に傷を作らず、まぶたの裏から目の下の脂肪を除去するという手術方法もあるそうです。眼窩脂肪が前に飛び出してきたことによる目のたるみを解消したい場合には、美容皮膚科などで手術を受けるという選択肢も検討してみるとよいかもしれません。

頬や皮膚のたるみ

頬やそのほかの皮膚は、目元の皮膚とつながっています。したがって、目元以外の皮膚がたるむことでも、目元のたるみの原因となってしまうのです。

加齢に伴って、皮膚を支えるコラーゲンやヒアルロン酸といった成分は減ってしまいますし、筋肉が衰えると身体の脂肪や臓器などを支えきれなくなり、それに合わせて皮膚も下がってしまいます。これらの要因が重なって、頬やそのほかの部分の皮膚がたるんでしまうというわけです。

このように、顔から下や頬の皮膚が下がってしまうと、当然目元の皮膚も下がってしまいます。ただでさえ目元の皮膚は弱く、たるみやすいのに加えて、下方向の力が働き、目元のたるみとなって表れてしまうのですね。

頬やそのほかの部分の皮膚のたるみを防ぐためには、皮膚を健康に保つことが大切です。紫外線など外部からの刺激を可能な限り避けたり、適切なスキンケアを行なったりするのと並行して、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどといった美肌成分を含むサプリメントや、身体を健康に保つビタミンやミネラルといったサプリメントを活用して、常に肌の健康をキープするようにしましょう。

そして、これらの美肌成分や栄養素を無駄に消費しないためにも、規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけましょう。睡眠不足は美肌の大敵ですし、栄養学的に偏りのある食事は、重要なビタミンやミネラルを過剰に消費せざるを得なくなる原因になります。

また、ニプロ株式会社「すこやかネット」でも紹介されているように、喫煙は皮膚を健康に保つために必要なビタミンCを壊してしまいます。タバコは肌のためにも健康のためにも、できるだけ控えるようにしたいですね。

皮膚のたるみを防ぐためには、全身の筋肉の量を保ち、身体のなかのさまざまな組織が重力にしたがって下におりてこないようにすることも重要です。

運動する習慣がないという人は、エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使う、ケガや病気をしていないときは立って電車に乗る、朝に一駅分ウォーキングするといった、気軽にできる運動を取り入れることから始めてみましょう。

ストレッチやヨガは関節の可動域を広げることができ、筋肉を効率よく動かすことができるようになるので、軽い運動と合わせて習慣にできるとよいですね。

ニプロ株式会社・軽く考えていませんか?「タバコの健康被害」

目の下のたるみの原因を明確にする

さまざまな原因で目の下のたるみは起こります。ご紹介してきた要因から、自分の生活習慣や家族の肌質、今までのケア方法などを見返し、自分は何が原因で目の下がたるみやすいのかを探りましょう。 自分に合ったケア方法を見つけられれば、より効果的に改善に導くことができるはずです。