たるみができる原因

年齢肌には悩みたくない…と思っていても、年を取ってくると誰でも、多かれ少なかれ目の下にたるみが出てきてしまうものです。たるみはどうしてできるのか、目の周りの筋肉や皮膚が年齢を重ねるとどのように変化していくのか、というところから知っておきましょう。

どうして目の下はたるむのか?

誰にでも起こる、老化によるたるみ

目は顔の筋肉によって支えられていますが、徐々に年齢を重ねていくと目の周りの「眼輪筋」の働きが弱くなって(加齢のほか、紫外線、たたくなどの外部刺激が原因とされています)目の重さを支えきれなくなり、目とまぶたが下がってしまうのです。

そのとき、目の下部分に収まっていた脂肪が押し出されて前に飛び出してしまい、たるみが生まれます。特に目の下は皮膚が薄いため、ほんの少しの形の変化でもすぐに見た目に表れてしまうのです。

また、年を取ると皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまい、皮膚にハリがなくなり、たるみが発生します。これと初めに述べた筋肉の衰えが同時に起こることで、目の下が膨らんでたるみ、その下にくぼみができて余計にたるみが強調されてしまいます。

年齢別に見る老化のシグナル

【20代】
20代はほとんどの人が目の下のたるみはなく、老け顔で悩むことはないでしょう。多少の肌トラブルがあってもメイクで隠したり数日集中的にケアしたりするとすぐに治るので特に気にすることもないはずです。
しかし、若いからと言って油断は禁物です。20代からきちんとケアしていかないと30代になったときに目の下のたるみやシワなどの発生に悩むことになります。「何か今日肌の調子が悪いな」ということがあればたるみのシグナルとして自覚症状を持った方が良いでしょう。

【30代】
30代になると肌は水分量が減り、きちんとケアしていないと肌状態が悪くなる一方になります。肌の水分は美しさを保つためには重要な役割を持っているので、乾燥してしまうと肌がひび割れてしまい小シワの原因になります。
そして水分が少ないことで光を反射することができずに肌のトーンが暗くなってしまう原因にもなるのです。肌の乾燥は30代が直面する老け顔のシグナルです。

【40代】
40代は身体の成熟期が終わるため、肌のたるみは急速に進んで行きます。より一層肌ケアに力を入れる人もいるのではないでしょうか。
たるみの原因がコラーゲンなどの生成不足と分かっていて、それを補うために美容成分がたくさん入った化粧品を、ずっと使い続けても効果が出ないと意味がありません。
40代のケアは加齢の進行に追いつかないことがあるので、たるみを改善してくれる成分だけではなく、効果の即効性にも目を向ける必要があります。

【50代】
50代に突入すると今まできちんとケアしてきた人でも、たるみ以外にシワやシミ、乾燥などの症状が複数出てきてしまいます。
これは新陳代謝の低下や線維芽細胞の衰えなど、身体が衰えが原因になります。新陳代謝の低下によって肌のサイクルが遅くなるため、肌のトラブルを長くため込んでしまうことになります。
また、線維芽細胞が衰えることでハリに必要なコラーゲンやエラスチンの生成が著しく減ります。そのため、身体の衰えは肌の老化にも影響してくるのです。

老化によるたるみを予防する方法は、次ページでご紹介しています。

たるみを予防する方法について>>

むくみでもたるみは起きる

顔がむくむことで目の下に余計な水分を蓄えてしまい、その重みでたるんでしまうこともあります。目の下は皮膚が薄く色々な影響が現れやすいため、ほんの少しのむくみでも露骨に表れてしまうのです。

これを解消するにはサウナやホットヨガ、岩盤欲などで血流と発汗を促進させ、むくみを解消させましょう。

誤ったスキンケアがたるみを進める原因になることも

目元の老化やたるみを隠すためについメイクでごまかしてしまうこともあるでしょう。しかし、メイクが厚くなれば落とすときも大変です。
クレンジングするときにきちんと落とそうとして目をこすり過ぎてしまうと、皮膚の角質や潤いまでもこすり落としてしまい目の下のたるみや色素沈着などの原因になってしまいます。
ゴシゴシ洗いを避けるためにお湯で落ちる化粧品に変えたり、肌に優しいミルクタイプのクレンジングを使用したりと目元の負担を減らすことができます。

生活習慣がたるみを作る大きな原因になる

睡眠不足

睡眠不足は血行不良を招いてしまい、目の下に老廃物が溜まってしまいます。この老廃物が目の下のたるみの原因になります。
また寝ていないだけではなく、質の悪い睡眠もたるみの原因になるので、カフェインが含まれている飲料の飲みすぎやテレビ、スマホ、パソコンなどを寝る前に見ることは避けましょう。
これらは脳を活性化させてしまうので、夕方以降はノンカフェインの飲料を飲み、寝る1時間前はスマホなどを見ないで布団に入ることを意識しましょう。

飲酒・喫煙

お酒を飲んで顔がむくんだことはありませんか?たるみとは関係ないと思っていたら注意です。むくみはたるみの原因の1つでしっかりケアしないといけません。
若い方はお酒を飲んでもむくまないかもしれませんが、年齢を重ねることで飲酒時にむくんでくることがあるので覚えていきましょう。

喫煙はお肌を綺麗に保つためのコラーゲンやエラスチンを破壊していき、たるみやすい肌を作ってしまいます。そのため、非喫煙者よりもお肌の老化を進めてしまいます。飲酒と喫煙はすぐにやめることができないので、回数や量を減らしていくことから意識していきましょう。

食生活

食事の栄養バランスは肌にも影響してきます。外食やコンビニばかりで食事をとっていると栄養が偏ってしまい、たるみを作らないために必要なミネラルやビタミン類が足りなくなってしまいます。
栄養の偏りは身体の健康だけではなくお肌にとっても重要なことなので、自分の食生活を見直してみましょう。偏っていると感じた方は自炊したり、栄養を考えて野菜を取ったりする食事をとるように心が毛ましょう。

ストレス

結婚しても女性は仕事を続ける方が多い時代なので、たくさんのストレスを抱えてしまうことがあります。
ストレスを抱えすぎて精神面が不安定になってしまうとお肌の状態が悪くなってしまいます。悪い状態が長く続くことで目の下にたるみを作ったり、悪化させたりするのでストレスはこまめに発散させましょう。

姿勢

日本人は猫背の方が多いようですが、この猫背が目の下のたるみの原因になってしまうのです。猫背になると顔が下向きになってしまい、皮膚が下に垂れ下がってしまうことでたるみやすくなります。
猫背はスマホやパソコンを見ているときもなりやすいので、デスクワークをしている方は常に姿勢が崩れないように意識しなくてはいけません。
また、スマホやパソコンを見ているときは無表情になるので顔の筋肉が衰える原因にもなります。時々顔の運動などして休憩するといいでしょう。

現代人は目の下がたるみやすい

顔の筋肉が弱るとたるみが起こる、と述べましたが、筋肉の弱りを引き起こすのは老化だけではありません。パソコンやスマホなど、一点を長時間集中して見ていると目の周りの筋肉が「緊張状態」になり、動かなくなります。筋肉は動かさないとどんどん衰えてしまうので、最近は若い方でも目の下にたるみが出ているケースが多々あるんですよ。

可能ならば定期的に顔の筋肉を思いっきり動かして欲しいのですが、仕事中は「見られると恥ずかしい」「メイクが崩れる」など、色々問題があるかと思います…。なのでオススメは、顔の筋肉と繋がっている頭皮をマッサージすること。そして、家に帰って誰もいない空間では思いっきり顔の筋肉を動かしてみてください。結構スッキリしますし、イキイキした表情も作れるようになりますよ。