HOME » 目元のたるみについて知っておきたい基礎知識 » たるみを悪化させるNG行動

たるみを悪化させるNG行動

頑張ってケアしているのに、日に日に目の下がたるむ…今のケアじゃ足りない?いえいえ、そうとは限りません。なかなかたるみが取れない原因は、日常生活で毎日何気なくしている行動の中に、たるみを増長させるものがあるかもしれませんよ。

思い当たったら要改善!なるべくたるみを作らない生活をしよう

目の下のたるみは「加齢」で進行していく、とお伝えしましたが…年齢を重ねていくとどうしても美肌成分の生成量が落ちるから、そして表情筋が徐々に弱っていくから、というのが理由です。しかし、お肌をたるませているのは何も年齢だけではありません。お肌に刺激を与えるような行動を多くとっていたり、表情筋をあまり動かさないような生活をしていると、若い方でも目の下がたるむのです。

例えば、こんな行動をとっている方は要注意です。

紫外線対策をしていない

紫外線は目に見えないですが、皮膚の新陳代謝を阻害する、大きなダメージを与えてきます。ちなみに、紫外線はたった5秒浴びただけでもお肌に影響を及ぼします。紫外線A波はコラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞にダメージを与え、生成を鈍らせる作用が…。さらに活性酸素が過剰分泌され、コラーゲン等は破壊されてしまいます!「ちょっとそこまでだから」といってノーメイクで出掛けるのはNG行動だったんですね。

晴れの日はもちろんですが、曇りの日でも雲の隙間から紫外線は地上に降り注いでいますので、日々対策を怠らないようにしましょう。

パソコンやスマホをじっと眺めている

通勤中にスマホ、仕事場ではパソコン、休み時間もスマホ…という環境はとても危険!じっと一点を見つめる動作は表情筋の緊張を引き起こし、硬くて動きにくい「衰えた状態」になってしまいます。目を支える筋肉が衰えてしまうと、目とまぶたが下がり、目の下の脂肪が押し出されて例のたるみができてしまいます…!

仕事中でも定期的に画面から目を離す、スマホの使用時間を減らす、などが有効です。

無表情で過ごしている

表情筋は使わなければ衰えます。そのため、常に無表情な方は若いうちから目の下にたるみが出てくることが多いです。表情がコロコロ変わる人や、顔で仕事をしている芸能人などが、年老いてもたるみが出てこず若々しいままでいられるのは、表情筋がしっかり鍛えられているからです。

いきなり表情豊かな人間になるのは難しいので、1人のときに顔を思いっきり動かしたり、食事を良く噛む、ぎゅっとまばたきをする、など小さな工夫から取り入れてみましょう。

洗顔・クレンジングで擦りすぎ

目の下の皮膚をむやみに擦ったり、伸ばしたりするとたるみを増長させます。洗顔やクレンジングはとにかく優しく、泡で触れるぐらいで問題ありません。グリグリこすらなければ落ちないようなメイクは控えるのが賢明です。

化学薬品など洗浄成分が強いと、皮膚に刺激を与えてしまい、たるみの原因になります。なるべく優しい成分で、お肌に界面活性剤を残さないようしっかり洗い流しましょう。

また、水道水に含まれる塩素は温度が上がるほど有害になるので、お湯で顔を洗うのはあまり推奨できません。水にするか、塩素除去効果のあるシャワーヘッドなどを使いましょう。

不規則な生活・不摂生をしている

睡眠不足や飲みすぎはむくみの原因となり、これが長く続くと、やがてたるみに移行していきます。睡眠不足になるとお肌を作る「成長ホルモン」の分泌も悪くなり、肌荒れしたりターンオーバーにも異常が出ます。

また、たんぱく質・ミネラル不足になると体の中で充分な美肌成分が生成できず、ハリが失われていきますので、食事はバランスよくしっかり摂ることを心がけましょう。