HOME » 目元のたるみについて知っておきたい基礎知識 » 男性でも気になる人が多い目の下のたるみ

男性でも気になる人が多い目の下のたるみ

目元のたるみが、年齢とともに気になってくるのは女性が多いというイメージがありますが、実は多くの男性も同じように悩んでいるのをご存知でしょうか。しかも男性は、自分だけかもしれないと、なかなか相談できない人も多いようです。ここでは、たるみの原因を知ることで見えてくる対処法についてご紹介します。

男性にも意外と目の下のたるみが気になる人が多い

とある都内の美容外科クリニックでは目元のたるみ治療の約2割が男性だそうです。

男性も女性と同じように年齢とともに肌の張りや潤い、栄養が失われていきます。目元がたるむと老けて見えるのは男性もまた同じなのです。そして、目元のたるみは覇気がなく疲れた印象を周りに与えてしまいます。そのため「仕事での顔の印象をよくしたい」という理由で、美容外科クリニックに通う男性が増えているそうです。

また、たるみの原因は加齢だけではないので、若い人にも見られます。まずは、たるみの原因について見ていきましょう。

  • 紫外線

紫外線は女性と同様、男性の肌にも強く影響します。紫外線は夏は気を付けるという人は多いでしょうが、季節に問わず降り注いでいます。紫外線は肌の組織を破壊し、シミやしわ、たるみを増やして老化を早めます。紫外線は肌の深層まで届いて、細胞を破壊することでコラーゲンの生成やヒアルロン酸の生産力を低下させます。そのため、どんどん肌の弾力が失われていくのです。

  • 乾燥

肌の水分量が減ることで肌の張りが低下します。皮脂も少なることで肌から水分が蒸発し、細胞が壊れやすくなります。肌の表面の保湿は気を付けている人も、実は問題は内側の水分不足にあります。

肌内部の水分不足は加齢のせいもありますが、乾燥がそれに拍車をかけます。乾燥は肌のターンオーバーを乱し、新陳代謝を悪くします。古い角質が残ったままになったり、角質層のバリア機能が低下したりと、より更に肌の水分が逃げていきやすくなります。

上記で紹介した、紫外線の影響も受けやすくなるのです。

  • 生活習慣

生活習慣は現代病のすべてに通ずると言っていいほど、健康に影響を与えます。生活習慣が乱れると、栄養分がきちんと肌に行き届きません。これが肌荒れの原因となります。

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養分は基本的に食事から摂ります。そのため栄養バランスが崩れていたり食事の時間や量がバラバラであったりすると、肌を正常に保つだけの栄養分が確保できなくなってしまうのです。

  • 表情筋の衰え

顔には表情筋と呼ばれる筋肉が張り巡らされています。表情筋の衰えはブルドック顔などと呼ばれる口角が下がる症状を引き起こすことが有名ですが、目元に関しても同様のことが言えます。

表情筋は顔の脂肪などを支えており、筋肉量が減ることで支えきれなくなってたるみを生むことで、老化が顕著に表れてきます。筋肉が落ちると血行やリンパの流れも悪くなってしまいます。血行が悪くなると、血液にのってくる栄養が肌にいかず、肌荒れや水分不足を招いてしまうのです。

  • 姿勢

長時間のデスクワークなど、同姿勢を長く続けていると筋肉が緊張し、血行が悪くなります。また、首や腰など正常な位置からズレることで、皮膚を引っ張り、たるみを生み出すこともあります。体はすべてつながっているので、どこかがズレると戻そうとする力が働き、更に他の部分にもズレがます。

例えば、猫背になっている場合には、首の後ろの皮膚は収縮し、前の皮膚は伸びます。それに伴い顔の皮膚全体が下に引っ張られ、長時間この姿勢を続けることで、顔にはたるみが生じてしまうのです。

男性の目の下のたるみを治す方法を紹介

続いては、そんな目元のたるみを治す方法を紹介していきます。

  • 紫外線はUVカット用品を活用

紫外線カットには日焼け止めクリームが有効です。男性でも夏場のスポーツや屋外での活動などの際には利用する、という人も多いでしょう。しかし、紫外線は晴れの日も天気が悪い日も、一年中降り注いでいます。ニュースやネットの紫外線情報を元に、日焼け止めを塗る習慣を付けましょう。また、日差しが強い日には、目元が隠くれるUVカット仕様のサングラスも有効でしょう。

  • 乾燥には保湿が一番

スキンケアはしたことがない男性も多いでしょうが、最近では男性用のスキンケア用品も販売されています。肌の保湿のために化粧水や乳液を利用して、水分が逃げないように気を使いましょう。スキンケアに慣れない、面倒だ、という男性はオールインワン化粧品でも問題ありません。

オールインワン化粧品とは、本来化粧水、乳液、保湿クリームなど何ステップかあるスキンケアを、1つのクリーム・ジェルで済ますことができるものを指します。様々なメーカーから多くのオールインワン化粧品が発売されており、乾燥を特にケアしたい場合は「しっとりタイプ」や「しっかり保湿」などと書かれたものがおすすめです。

  • 生活習慣の見直し

食生活の乱れは栄養バランスを崩し、肌の栄養補給を阻害します。バランスの良い食事と十分な睡眠を心がけましょう。ビタミンやミネラルもしっかり補給し、お酒の飲みすぎや外食ばかりの生活習慣自体の見直しを図る必要があります。特に男性はお酒やたばこといった趣味を持っている人も多いので、これらも改善すべき対象となります。

  • 表情筋は鍛えられる

表情筋は筋肉なので、動かせば鍛えることができます。トレーニングも難しくなく、有名なのは「あいうお体操」でしょう。あ・い・う・お、と順番に大きく口を開けて発音し、全力で繰り返します。また、特に目の下を鍛えたい場合は、視線を上下左右斜めに円を描くように移らせます。眉を動かさないよう、1つ1つをゆっくりと行います。最初は3回から、慣れてくると10回ほどを目安に続けましょう。

顔の表情筋はそれぞれ密接につながっているので、いろんな表情筋を鍛えるようにしましょう。男性はもともと筋肉が多いですが、その分落ちるとたるみも大きくなるので、筋力の維持をめざしましょう。

  • 姿勢の矯正

猫背や足を組んだりすると楽だと感じがちですが、実は正しい姿勢と言われるものが負担が少なく本来であれば楽であるはずです。体のゆがみは健康全体に影響を及ぼします。肌までしっかりと栄養を届けようと思うと、ズレがなく、隅々まで血行が良い状態をつくることが大切です。

どうしても、自分で治せない場合は美容外科にかかってみるのも1つの手です。男性にはあまり耳慣れないスキンケアや日焼け対策などを紹介しましたが、もし今目の下のたるみで悩んでいるなら、今回紹介した中の簡単なものから始めていってはいかがでしょうか。

まとめ

男性でも意外と気にしている人が多い、目の下のたるみは加齢が原因だと思われがちです。しかし、普段の生活習慣が密接に関わっていることはご説明した通りです。健康で若々しい肌を手に入れるために、毎日の生活を見直しながら、たるみ対策を行っていきましょう。