たるみとクマの違い

色々な対策をしているのに目の下のクマがなかなか消えない…とお悩みの方、実はそれ「たるみ」かもしれません!きちんとクマとたるみの違いを知り、自分に出ているのはどちらなのかを判定する。そして、正しいケアを取り入れていくことが大切です。

間違えやすい、クマとたるみをしっかり見分ける方法

たるみは「加齢による筋力低下、潤い不足」によって引き起こされる、皮膚の老化現象です。それに対して、クマはいくつか種類があり、原因も様々です。

「青クマ」

これは、血行不良が原因で起こるタイプ。睡眠不足、ストレス、目の酷使などにより血流が悪化し血液が滞ってしまうので、青黒く見えます。目の下は皮膚が薄く、血行不良が見た目に表れてしまいクマとなります。

改善するには目の周りの血行を改善すること。蒸しタオルで温める、強くまばたきをすることで血行を促進させる、ツボ押しなどが有効です。また、根本の原因である睡眠不足やストレスを解消することも大切です。

★判別方法
皮膚の下の静脈が青く見えるため、皮膚を引っ張ってもその場所から動かない。

「茶クマ」

紫外線や乾燥によってメラノサイトが活発になるほか、ターンオーバーが正常に働かずにメラニン色素が沈着してしまった状態です。目のこすりすぎ、アイメイクによる刺激でも発生します。多くの場合は、上まぶたにも同じような色素沈着が起こっており、目の全体が黒ずんでいるように見えます。

改善するにはまず刺激からお肌を守ること。そしてきちんとクレンジング、洗顔をすること。美白コスメでメラニンを排出することが大切です。

★判別方法
顔を天井に向けながら鏡を見たとき、正面を向いているときとクマの印象が同じ。皮膚を引っ張ると動く。

「赤クマ」

こちらも青クマ同様血行不良が原因ですが、赤クマは動脈に原因があるので赤い色が出てきます。また、血流が滞り、血管外に赤血球が滲み出てしまうために赤みが発生します。

赤クマは目の下だけではなく、顔全体で血行不良が起きているサイン。クレンジングや基礎化粧品できちんとケアし、血流を良くする成分等を摂取しましょう。オススメはプラセンタです。

★判別方法
頬上部に指をあてて、目の下の皮膚を下に引っ張った際、赤みが増します。

「黒クマ」はクマではなく、たるみです!

目の下に黒い線が見えるのが黒クマなんですが…実は、黒クマは「目の下にある脂肪がふくらんだ」事が原因でできる影。血行不良や色素沈着などが原因で起こるクマではなく、「皮膚のたるみ」によって起きている老化現象なのです!

なので、いくら血行を改善しても、しっかり睡眠をとっても改善されることはありません。大切なのは、お肌に美肌成分をたっぷり与えてあげること、そして表情筋を鍛えることです。これまで紹介したクマの治しかたとは全く異なるアプローチだ、ということがお分かりいただけたでしょうか。

★判別方法
目の下のふくらみをペンなどの細い棒で押すと、黒い影が消えます。

あなたの目の印象を悪くしているのは、クマなのかたるみなのか…まずはきちんと判別して、適切な改善方法を取り入れていきましょう。まだ若い方の場合、加齢の象徴である「たるみ」があることを受け入れるのは辛いかもしれませんが、早く対処すればするほど、改善までのスピードも早くなりますよ。