HOME » 肌のたるみ改善に効果のある成分 » ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

ビタミンCは、美肌作りのあらゆる部分において大切な役割を担っており、たるみ除去にも欠かせない成分です。純粋なビタミンCは即効性は高いものの壊れやすく刺激が強いため、化学的に安定した「誘導体」という形にしています。化粧品・食品で身体の両側から摂取しましょう!

美肌には必須成分!たっぷり摂取してOK

ビタミンCといえば、もともと美肌作りには欠かせない存在であり、シミ・ソバカスを防ぐ効果はよく知られています。実はビタミンCはそれ以外にもかなり多くの美肌効果がある万能成分なんですよ。主な例を挙げてみましょう。

  1. メラニン色素の生成抑制、色素還元
  2. コラーゲンの生成時に必要不可欠
  3. ビタミンEと共に活性酸素の発生を抑え、肌の老化を防ぐ
  4. 酸化したビタミンEを還元、ビタミンEの効果(血行促進、肌荒れ改善)を引き出す
  5. ニキビ、脂性肌を改善
  6. キメを整え、滑らかな肌に
  7. かぶれや炎症の緩和(抗ヒスタミン作用)

この中で肌のたるみを解消してくれる効果は主に2・3、補助的な作用として4・6ですね。良質なコラーゲンをお肌の内部でたくさん作ってもらうためにも、ビタミンCは意識して摂取したいものなのです。

そもそも「誘導体」ってどんな状態?

よく化粧品に入っているビタミンCは「誘導体」という形になっていますね。純粋なビタミンCは壊れやすい性質を持つので、成分を安定させるために別の物質をくっつけて安定させているのです。お肌に浸透していくうちにこの別の物質ははずれ、純粋なビタミンCとして作用するので、化粧品を使ってからお肌に効果が出るまでには数時間かかるそうです。

ビタミンC誘導体にもいくつか種類がありますが、「APPS(パルミチン酸アスコルビン酸3Na、アプレシエとも)」と呼ばれる成分は、通常のビタミンCの100倍の浸透力があるとも言われる、強力な成分です。また、成分によって水溶性、脂溶性、両方の性質を持つ(ハイブリッドビタミンC)など溶けやすい物質も異なります。お肌の内部は油と水どちらも存在する環境なので、しっかり成分をいきわたらせるには両性質を併せ持つものが最適です。

ビタミンC誘導体がたるみに効果的な理由

ビタミンC誘導体がどんな成分であるのか、理解していただけたところで、ビタミンC誘導体がたるみにどんな効果をもたらしてくれるのかをご紹介します。

ビタミンC誘導体の働きは、ビタミンCと同じです。ビタミンCは、肌の真皮層にある細胞である、繊維芽細胞に正常な働きを促すために必要な成分です。繊維芽細胞は、肌のハリ・弾力を維持し続けるために必要なコラーゲン・エラスチンといった成分たちを生成する機能を持っているため、しっかりと働いてもらわなくてはいけません。しかし、ビタミンCが不足すると、繊維芽細胞が正常な働きをしなくなります。その結果、コラーゲンやエラスチン、そして肌の水分を維持するために欠かせないといわれるヒアルロン酸までの生成が滞ってしまい、肌のたるみなどのトラブルに悩まされるようになってしまうでしょう。

ビタミンCの生理機能として紹介されている内容の一部をご紹介します。

抗酸化作用: O2-, OH・, H2O2, 1O2などの活性酸素種の消去剤として機能する。 コラーゲンの形成: ヒトの総たんぱく質の約30%を占めるコラーゲンの合成に関与する。

出典:[PDF]近畿大学 農学部 食品栄養学科(PDF)

とのこと。このことからもわかるように、肌のたるみを予防や解決するためにビタミンCが必要だというのがわかりますね。

たるみに悩まされないために、ビタミンCが必要。でもビタミンCは壊れやすくしっかりと働けないということで、ビタミンC誘導体と形を変えた姿で美肌のために力を発揮してくれるのです。

ビタミンC誘導体には水溶性のものと脂溶性のものがある、という点が効果的に働きかけるポイントです。基礎化粧品には様々なものがあります。化粧水・美容液・乳液・クリーム・クレンジングなど、1回のスキンケアで使う化粧品はたくさん。ここでビタミンC誘導体は力の見せ所です。水溶性のほうがなじみやすい化粧水や美容液、反対に脂溶性のほうがなじみやすい乳液やクリームなど、配合する基礎化粧品のタイプに合わせて、使用するビタミンC誘導体の性質を使い分けることができます。

ビタミンCではなくビタミンC誘導体がたるみに効果的に働くのは、浸透のしやすさも関係しています。ちゃんと肌内部まで浸透しやすい状態になっているため、そのおかげでよりたるみに対して早く、確実に効果をもたらしてくれるでしょう。肌に浸透した後はちゃんとビタミンCに戻ってくれるので、壊れやすくて届けにくいビタミンCを少し形を変えて浸透しやすくした状態でお肌内部に取り込み、そして内部でビタミンCとなり機能を果たしてくれる。その仕組みこそがビタミンC誘導体がたるみに対して効果が高いとされている理由です。

外からも中からもたっぷり補給して

初めに見てもらったビタミンCの効果でも分かるとおり、外側からも内側からも美肌効果を得られる成分ですから、化粧品&食べ物で両側からしっかりと補給しましょう。そうすることで「お肌表面のキメが整い毛穴が引き締まる」、「お肌の内側でどんどんコラーゲンが作られ老化物質を排除する」などの効果が現れ、若い頃のようなハリと弾力・透明感のあるお肌が蘇ります。

ビタミンCは過剰に摂取しても体外に排出される成分なので、摂りすぎによる副作用などの心配もありません。むしろ現代人は様々なストレスに対処するためにどんどんビタミンCを使っていますので、積極的に摂っていきましょう。タバコを吸う方、紫外線をよく浴びる方なども多めに摂取しないとお肌への効果は現れません。

化粧品でハリのある目元を保つためには?

ビタミンC誘導体は、目元のハリを保つために欠かすことができない成分の1つです。それ以外にも、まだまだ美しいハリのある目元を維持するために必要な美容成分はたくさんあります。できるだけピンポイントで、そしてダイレクトに取り込む方法があるといいですよね。そこでおすすめしたい化粧品が、パッチと呼ばれるもの。パッチは美容成分を浸透させたいところに対して、貼るだけでOKです。ヒアルロン酸の細かな針があり、貼りつけるとその針が溶けていって美肌成分を注入できる、という仕組みになっています。まだあまり使った経験がない人も多いかもしれませんが、実際に美容医療などでも注目されています。何よりうれしいのは、目元に対して直接美容成分を注入できるというところ。目元は年齢も出やすい部分なので、まずは目元のハリから何とか回復させたい、と考えている人も多いはずです。針といっても痛みはほぼなく、少しだけチクっとする程度なので誰でも気軽に使用できます。


パッチについて詳しく知りたい方はこちらへ→