ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はお肌にたっぷりの水分をキープして、ハリ・弾力を作ることでたるみをぐっと引き上げてくれる成分です。どんなヒアルロン酸を摂取すればたるみ改善に効果的なのか、「注入」と「食材からの摂取」の違いは何か、などを解説しています。

身体の水分保持に欠かせない大切な成分

ヒアルロン酸は人間の身体のあらゆるところに存在し、1グラムにつき6リットルもの水を保持できるパワフルな保湿成分です。全体の60%が水分でできている人間にとっては、なくてはならない成分なんです。
主なお肌への働きとしては、水分保持によるたるみ予防・みずみずしさの維持です。ヒアルロン酸は真皮にある繊維芽細胞というところで、コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分と共に生成されているのですが、年を取ると繊維芽細胞の働きが弱くなり、生成量が減少していきます。すると肌内のヒアルロン酸量が減る→一緒に水分も減る→弾力がなくなりシワやたるみが出現!となってしまうのです。

どんな食材に含まれているのか?

ヒアルロン酸はコラーゲンと近しい場所に存在するため、食品であれば鶏軟骨、トサカ、豚足、鮭、カレイ、フカヒレ、ウナギなどに多く存在します。また、ヤマイモやオクラ、納豆、もずくなど、ネバネバした食品にも多く含まれているそうです。

食品に含まれるヒアルロン酸は、体内に摂取されると「単糖」という物質に分解されます。その後、ヒアルロン酸として体中の各部位で再合成される…という流れになるのですが、多くの食品のヒアルロン酸は分子が大きいため、なかなか吸収されにくいようです。

ヒアルロン酸として確実に摂取するためには、「低分子化」、「ペプチド化」、「ナノ化」などの工程を経たサプリメントなどがオススメです。これらは分子を極めて小さくすることで、体内で分解されずそのまま吸収されていくため、確実にヒアルロン酸として体の中で働くことが期待できます。

ヒアルロン酸注入で得られる効果とは?

ヒアルロン酸でたるみを解消する方法といえば、もう一つ「注入」がありますね。気になる部分に直接ヒアルロン酸を流し込むことで、ハリを出したり、たるみを目立たなくする方法です。

見た目の変化はすぐに出ますが、効果は一時的なものでありいずれは体内で分解されてなくなってしまうため、定期的な接種が必要です。また、腫れやアレルギー反応、形が変になる、最悪皮膚の壊死や失明など、恐ろしいリスクもありますし、1回の値段もそれなりにします。

どうしても気になって仕方がない、化粧品やサプリによるゆるやかで自然な変化が待てない!という場合は注射に頼るのもアリだとは思います。その場合は一時的な効果に満足せず、自分でもたるみを軽減する努力を続けることで注射の頻度を減らしていくよう心がけましょう。