コラーゲン

コラーゲンは、肌内部に存在しハリや弾力を維持してくれるだけでなく、体中のあらゆる部位に必要とされている大切な成分で、日々消耗されています。化粧品等で皮膚から浸透させても届かないので、サプリメントやドリンクで毎日補うようにしましょう。

肌だけでなく、若々しい体の維持に必要な成分

お肌のたるみについて検索すると、必ずと言っていいほど名前が出てくるのが、コラーゲン。これまで紹介してきた成分と同じく、もともとお肌内部に存在してハリや弾力を維持している成分ですから、量が少なくなることでお肌が下がり、たるみを引き起こしてしまいます。

コラーゲンはお肌以外にも身体の様々な部位で必要とされており、骨を作ったり、血管をしなやかにしたり、内臓を作るといった役割も担っています。加齢と共に弱ってくる体の機能には欠かせない成分ですから、美肌を作りたい女性はもちろん、いつまでも健康でいたい男性にもオススメです。

そのまま食べても効果は微妙…キーワードは「低分子」

コラーゲンをたっぷり摂取する方法として「コラーゲン鍋」などの食材がありますが、実はこれらに使われているコラーゲンは分子がとても大きく、体内でアミノ酸に分解されてしまいます。

私たちには成分を再組成してコラーゲンを作ることのできる機能が備わっているのですが、コラーゲンに戻るかどうかは体内の状態次第。その時必要とされている別の成分があれば、そちらに形を変えてしまうことも多々あります。

そのため、コラーゲンを摂取するなら「身体がそのままの形で吸収できるサイズ=低分子化」されたものを推奨しています。体内に吸収されたコラーゲンはお肌の繊維芽細胞まで流れていき、ここに刺激を与えることでお肌内部でのコラーゲン生成を促進させてくれるのです。

コラーゲンは昔から美肌効果に着目されており、食べることで効果が出ていたため、サプリメントも充実。錠剤、パウダー、ドリンク、ゼリーと様々なタイプがあります。コラーゲンの原料は魚や豚があり、各メーカーによって抽出方法や低分子化のレベルが異なるため、色々試して早めに効果が実感できるものを見つけましょう。

化粧品に配合されているコラーゲンの効果は?

お肌のハリを維持するコラーゲンが存在する場所は、表皮の下側にある真皮層であり、浸透力の高い化粧水でもここまで届くモノはありません。ですが、コラーゲン配合の化粧品は多々ありますよね。これはなぜなのでしょう?

答えは、表面の保湿。先ほど述べたとおり、コラーゲン分子は大きくお肌の隙間から浸透できないため、お肌表面に残って、水分を蒸発させないように守る、バリアの役割をしてくれるのです。コラーゲン化粧品を使うと表面にベタベタとした感じが残るのはそのためなんですね。

お肌のたるみを解消したいのであれば、コラーゲンは食べて補いましょう!