運動

目の下のたるみは運動不足が原因であることが多いです。あまり運動をしないでいると、血流が悪くなってしまいます。顔に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなり、コラーゲンも生成されにくくなるのです。

その結果、肌の弾力やみずみずしさが失われて目の下にたるみができてしまいます。程度な運動をすれば血流が活性化し、顔に運ばれて来る栄養や酸素の量も増えて、コラーゲンも生成されやすい状態になっていくでしょう。身体を動かすことに抵抗がなければ、適度な運動がおすすめです。

水泳なら身体に負担がかかりにくく高い運動効果が期待できる

運動と一言で言っても、いろいろと種類がありますが、血流を改善するには有酸素運動がいいでしょう。手軽にできる有酸素運動としては、軽いジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳などが挙げられます。

中でも水泳が特に効果的です。今まであまり運動をしていなかった人は、突然激しい運動をすると怪我をしてしまったり、筋肉痛になってしまったりする可能性があります。

しかし、水泳は身体にかかる負担はあまり大きくありません。なおかつ前身運動であるため、カロリー消費が大きく高い運動効果が期待できます。なるべく長時間続けるのが望ましいです。

水泳では肩や首回りなどを動かします。肩や首回りの血流が良くなるので、目の下のたるみだけでなく、肩こりや冷え性が改善することも多いです。特にクロールやバタフライだと効果的でしょう。

息継ぎをする際には、顔の筋肉もよく使います。普段は顔の筋肉を鍛える機会はあまりありません。水泳の息継ぎで顔の筋肉を鍛えることで、目の下のたるみ改善することが多いです。

また、プールの中に浸かっているときには、身体に水圧がかかるでしょう。水圧も血流改善やむくみの改善に繋がります。泳ぐのが苦手な人は、プールの中に入って水中を歩くだけでも少しは効果が期待できるでしょう。

慣れるまでの間は、歩くだけでも良いかも知れません。通常のプールだけでなく、屋内にある温水プールでも大丈夫です。温水プールなら季節を問わずいつでも水泳ができます。

顔ヨガをやってみよう

水泳をするにはプールまで行かなければならないため、ある程度まとまった時間の取れるときにしかできません。1週間に1回くらいしかプールに行けない人が多いでしょう。

自宅でも手軽に運動したい人には、顔ヨガがおすすめです。顔の筋肉を動かして鍛えます。欧米人の場合には、顔で比較的大げさに感情を表現しますが、日本人はあまり顔に感情を出しません。

そのため、顔の筋肉を使う機会が少ないのです。顔ヨガで顔の筋肉を鍛えて目の下のたるみを改善しましょう。普段顔の筋肉を動かしていない分だけ、顔ヨガに関しては大きな効果が期待できます。

顔ヨガのやり方はいくつかありますが、目の下のたるみを改善したいのであれば、ムンクの顔というやり方がおすすめです。

まず、口を縦に開いてとがらせます。「お」の音を発音するときのような口の形です。そうすると口の周りの筋肉が下の方に向かって伸びます。目の下のたるみも伸びていくでしょう。

さらに目は上の方を向きます。顔の向きは変えずに目線だけを上向きにするような具合です。頬の辺りから下の筋肉は下の方に伸び、目の周りの筋肉は上の方に伸びます。体感的にも、目の下のたるみが改善していくのが分かるでしょう。

1つの動作につき、10秒くらいずつ続けると効果的です。顔ヨガなら自宅でも手軽にできるので、毎日続けていきましょう。

ジョギングは要注意

運動不足解消として、ジョギングもやってみようとする人もいるかも知れません。ただ、美容目的でジョギングをする際には注意が必要です。

ジョギングは健康に関して効果が期待できますが、美容に関しては、必ずしも良い影響ばかりとは限りません。目の下のたるみを改善するどころか、逆に助長してしまうこともあるのです。

ジョギングは通常屋外で行うため、肌に紫外線をたくさん浴びてしまいます。紫外線の影響で目の下のたるみが悪化してしまうことも少なくありません。

シミやたるみなども増えてしまう可能性が高いです。ただ、決してジョギングをやってはいけないわけではありません。正しいやり方でジョギングをやれば、水泳などの運動と同様に血流が良くなり、目の下のたるみ改善に繋がることが多いです。

ジョギングをしたい場合には、日焼け止めクリームを塗って帽子をかぶってやりましょう。汗をかいた場合には日焼け止めクリームの塗り直しも必要です。

また、軽いジョギングであればいいですが、あまり激しいジョギングをすると活性酸素を体内に多く取り入れてしまいます。活性酸素が原因で目の下のたるみを悪化させてしまうことも多いです。

ジョギングは息切れをするくらいまでやるのではなく、軽く汗をかく程度に止めておくのが望ましいでしょう。

適度なジョギングは、水泳や顔ヨガ、サプリメントなどと組み合わせることで、より効果が期待できるかも知れません。

正しい運動とサプリメントで目の下のたるみを克服しましょう。