マッサージ

顔、特に目の周りの皮膚は薄いため、引っ張る・伸ばすなどのマッサージをすると余計に皮膚のたるみを増長してしまう可能性があります。そこでオススメなのがツボ押しマッサージ。皮膚に負担をかけずに、効率よくリンパの流れを改善することができる理想的な方法です。

目の下のたるみはお肌の弾力回復から

下まつげにそったぷっくりした部分は「涙袋」と呼ばれ、美人の象徴とされていますよね。

一方、年齢を重ねた目元にも涙袋のずいぶん下のほうにライン…というか、たるみができてきます。こちらは「目袋」というそうで、加齢によって鼻頬溝、瞼頬溝が深くなり、真ん中部分が膨らむことによってできてくるものです。この膨らんだ部分を「眼窩(がんか)脂肪ヘルニア」と言います(通常より飛び出た部分のことをヘルニア、と呼ぶので、病気なわけではありません)。このぷっくり部分が影をつくることで深いクマがあるようにも見える…と、なんともやっかいですね。

目の下に目袋ができてしまう原因は、皮膚の筋力低下と弾力低下。これを防ぐためにはまず「目の下の皮膚の弾力を回復させること」が大切。美肌成分配合のアイクリームやパッチなどを使い、外側からうるおいと栄養を補給。内側からもコラーゲンや美肌成分を摂取して補給していきましょう。

そして、筋力の衰えを防ぐためのマッサージをしていきましょう。ただし、目の周囲の皮膚はとても薄いため、間違ったマッサージをするとコラーゲン組織に傷をつけてしまい、回復を妨げてしまいます。目の下のたるみは、お肌が下がっているのではなく弾力がなくなったことにより起こっているものですから、いくら皮膚を持ち上げても効果はありません。

ではどうすれば良いのか?答えは「ツボ押し」です。

目の下のたるみを改善するツボ紹介

ツボ押しはお肌に負担をかけないだけでなく、目の筋肉を緊張させる疲れ目を緩和するので、たるみ改善に効果的です。スキンケアやお風呂、仕事の休憩中などお好きなタイミングで押してみましょう。

  • 承泣(しょうきゅう)
    真正面を見たときの瞳の真下、目の周囲を囲む骨のそばです。目を閉じて、人差し指の腹をツボに当て、骨部分を下方向に押しましょう(深く入れすぎないように注意して)。左右同時に5秒間押す→ゆっくり離す、を5回繰り返します。
  • 太陽(たいよう)
    こめかみの近く、眉尻と目尻の丁度真ん中より少し外側部分にあります。親指をツボに当てて、他の指で頭をささえながら30回ほど左右同時に揉む感じで押します。痛気持ちいいぐらいのパワーで行いましょう。
  • 四白(しはく)
    さきほどの承泣から指1本分下がったところ。人差し指の腹を当て、少し上に向かって押します。こちらも左右同時に5秒間押す→ゆっくり離す、を5回繰り返します。
  • 救後(きゅうご)
    目の周りを囲う骨の、下側目尻付近にあるツボ。目頭に人差し指の腹を当て、骨の周りにそってなぞり、最後に目尻に向かって軽くはじくように押す動作を5回ほど繰り返しましょう。

これらを全て網羅するリンパマッサージなどもありますが、指を滑らせたりする動作を行う場合は必ず、滑りを良くするクリーム等を使って摩擦を軽減しましょう。これと並行して表情筋のエクササイズを続けることで、目元のたるみは徐々に改善していきます。