メイク

目の下のたるみは、エクササイズ・マッサージとスキンケアで改善できますが即効性を感じられるものではありません。大切なイベント等の時は上手なメイクでカバーし、若々しさを感じられるお肌を作りましょう!ただしメイクはお肌に負担をかけることをお忘れなく。

目元のたるみを消すメイク術紹介

年を重ねるごとに、メイクで重視するポイントは少しずつ変化していきます。若い頃はアイシャドウの色やマスカラなどパーツを強調することを重視しますが、年齢を重ねると気になる部分を隠すことに重点が置かれます。目元のたるみに関しても、上手に隠すことで若々しいお肌のように見せることができますよ。

1.まずは下準備のマッサージ

目の下を軽くツボ押しマッサージして血行を良くし、くすみや色を少しでも改善しておきましょう。毎日のマッサージをこのタイミングで取り入れるのも良いと思います。

2.アイクリームを塗って保湿

メイク前にはシワができやすいところを事前に保湿しておきましょう。できれば今後のしみ・シワ対策に日焼け止めもつけておくと◎。この時アイクリームがベタベタしたものだと中々メイクが進まないので、さらっと使えるタイプのものを吟味しておきましょう。

3.目元用コンシーラーで気になる部分をしっかり隠す

コンシーラーは目の下に逆三角形を作るように乗せていきます。ファンデーションよりも明るめにすることで暗い影と中和され、ちょうど良いスキンカラーに見えますよ。あまり硬いコンシーラーだと、ヨレたり目の下の皮膚を引っ張ってしまう原因になるので、リキッドタイプなどがオススメです。

4.ファンデーションは顔全体に薄く塗り、目の下の部分だけ少し厚めに

目の下のたるみが気になる部分だけ少し厚めに塗ることで、自然なふっくら感・ハリが演出できます。パウダーファンデはシワ部分に入り込むとひび割れて見えるので、クリームやリキッドファンデなど水分量の多いものを使いましょう。

マットな質感のものを使うとお肌に柔らかさが感じられ、たるみが目立ちにくくなります。せっかく塗ったコンシーラーを落とさないように、力加減には気をつけましょう。

「リキッドファンデ→コンシーラー→パウダーファンデ」で仕上げるパターンもあるので、そこは自分のお肌でどの方法が合うかを検証してみてください。

5.ハイライトで影をなくして、たるみを完全消去

たるみに乗せると余計に目だってしまうので、たるみの下にできた影部分にかぶせます。ここだけだと違和感が出るので、おでこや頬の高いところなどにも入れ、ブラシでしっかりとぼかして顔全体を明るくしましょう!

マット系、ゴールドや赤みがある色を使うと自然で明るくなりすぎず、血色が良く見えます。ハイライトとして売られているものでなく、明るめのファンデーション、コンシーラー、チークなどを活用するのがオススメです。

6.アイメイクもしっかり行うことで目の印象を強くする

目の下のたるみを感じさせないためには、視線をひきつける場所を別に作るべし。それに適した場所は「目」です。アイライナーを目尻に向かって上がり気味に、太めに描くことで印象を強くすれば、たるみも気付かれにくくなります。

アイシャドウはゴールドやライトベージュなどの明るいナチュラルカラーがオススメ。パール系やピンクは腫れぼったい印象に、ブラウンもたるみが目立つ色なので使用は控えましょう。また、マスカラでまつげを持ち上げることで上向きな印象を作ることができますよ。

1点注意して欲しいのが、アイクリームで保護しているとはいえ、皮膚が弱い目の下にファンデやハイライトをのせたり、クレンジングで負担をかけていることは事実。帰宅後や休日は目元をしっかり休ませる、人と会う用事のない日はナチュラルメイクに留める…など目の下の皮膚を労わりましょう。