エクササイズ

目の下のたるみの原因は、顔の下にある筋肉が弱っていることが原因かも?しっかり鍛えて、ピンと上向きお肌で表情豊かな女性になりましょう!顔のエクササイズは何歳から始めても効果が実感でき、化粧品やサプリなどよりずっと早く効果が現れてきます。

表情筋をしっかり鍛えてリフトアップを目指す

ぴんと張ったお肌を作り出しているのは、美容成分ばかりではありません。お肌の下にはたくさんの表情筋があり、これらの働きが弱ってくることでも目の下にたるみやシワができてしまいます。特にパソコンやテレビをじっと見つめていると、筋肉が凝り固まって衰えが早くなります。

一般的には、加齢が原因でできたシミやシワはなかなか消すことができませんよね。しかし筋肉の衰えによるたるみは年齢を理由に諦める必要はありません!何歳からでも鍛えられ、トレーニングの効果を実感できます。

エクササイズと聞くと「辛そう」「難しそう」と感じるかもしれませんが、表情筋のエクササイズはとても簡単ですよ。一番大切なのは「継続」です。

まずはマッサージから始めよう

身体を鍛えるときにはまず準備運動でほぐすことから始めますよね。顔のエクササイズも同じように、たるみの原因となる緊張した筋肉をほぐすことからスタートです。ただし目の周りは皮膚が薄いため、刺激しすぎると余計にたるみやシワを発生させてしまうことになりますので、執拗にいじらないようにしましょう。

  • 頭皮のマッサージ
    目の下のたるみとは関係ないように見えますが、頭皮と顔の筋肉は繋がっているので、頭皮をほぐすことでも効果を感じられます。ふと気がついたときに頭皮を動かしたり揉んだりしましょう。
  • 顔周りのリンパを流す
    耳の後ろ、耳下に手を添えて、首→鎖骨→骨に沿って肩へ…と流していきます。素手で行うとすべりが悪く皮膚に負担をかけるので、クリームをつけたりお風呂場で行いましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズ3つ

しっかり顔周りの筋肉をほぐしたら、いよいよ目の下のたるみを解消する表情筋エクササイズに入りましょう。

  • ウインク
    地味なようで、筋肉の衰えを露骨に感じられる動作です。特に、鎖骨の上を人差し指で軽く押さえながらすると左右でどちらが弱いかがわかります。弱いほうを重点的に行っていきましょう。
  • 眉毛上げエクササイズ1
    姿勢を正して正面を向き、目を細めたまま眉毛を上げ、10秒キープします。
  • 眉毛上げエクササイズ2
    眉毛を上に引き上げ、そのまま指で眉を押さえて固定。下まぶたの力で目を閉じたり開いたり、を10セット行います。
  • ピースエクササイズ
    姿勢を正して、目頭に中指・目尻に人差し指を置きピースしている形をつくりましょう。この状態で黒目をできるだけ上に上げ、白目を剥くような状態で10秒キープします。

ピースエクササイズを色々と組み合わせたスタイルもあります(ピースで抑えながら眉毛上げエクササイズ2を行う、ピースで上瞼を左右に軽く伸ばす、など)。あくまでも表情筋を鍛えるのが目的ですから、皮膚を過度に引っ張る、伸ばすなどの動作には気をつけて実践してみましょう。

普段から表情筋を意識して動かそう

上記のエクササイズは目の下のたるみに有効ですが、なかなか部分痩せに成功しないように一部分だけのトレーニングでは効果が出づらいもの。常日頃から表情筋をしっかりと意識して使っていきましょう。

外ではなるべく笑顔をつくるようにする、食ことを噛む回数を増やす、などは印象アップやダイエットにも有効です。また、誰にも見られる心配がない家の中では、変顔をすると意外と顔の凝り固まった筋肉がほぐれてスッキリします。

また、よく眉毛を上げたり眉間にシワを寄せてしまう方は、意識して筋肉を休ませることでシワ対策をしましょう。普段から下目使いで物を見るようにするだけでも、まぶたの緊張が和らぎますよ。