美容整形

目の下のたるみを確実に取る方法はやはり美容整形。最近では、手術にはメスを使わない、時間もかなり短くてすむ、値段もそこまで高くない…とあって、かつては最後の選択肢だった整形が「気軽な手段」になりつつあります。たるみ除去の手法や価格をみていきましょう。

目の下のたるみを取るには「脂肪を取る」「膨らませる」

目の下がたるんでしまっている原因は、「皮膚にハリがなくなり垂れ下がっていること」、そして「目の下に余計な脂肪がついて膨らんでいること」。時間をかければエクササイズやマッサージで少しずつ解消していきますが、キレイ&スピーディーに改善するには、美容整形でたるみのない目元を作りましょう。

一般的な手術方法

「経結膜下脱脂法」

下まぶたの裏側をレーザーメスで切開して余分な脂肪を取り出してぷっくりした部分をなくします。実質切開はしていますが、表側に傷が見えない&ダウンタイムが少ないため「切らない施術」といわれています。多くの美容外科で採用されている技術であり、軽度のたるみであればこの手術だけでたるみが解消する場合もあります。

費用 : 300,000円(聖心美容クリニック)

「下眼瞼切開法」

こちらは下まつげの下を切開し、脂肪と一緒に皮膚のたるみまで切り取る手術。最も直接的な方法であり、効果は高いです。ただし切開縫合となるため、術後1週間程度はメイクNG。1週間後には抜糸しなくてはならず、毎日メイクが必要な方には不向きです。

費用 : 300,000円(皮弁法の場合。脂肪除去あり+80,000円、ハムラ法(脂肪移動&たるみ除去)の場合は480,000円)(聖心美容クリニック)

「ヒアルロン酸注入」

目の下の窪んだ部分にヒアルロン酸を注入してふっくらとさせ、たるみを目立たなくさせる方法です。ヒアルロン酸は元々人間の身体に存在する成分なので安全安心。メスで切ることもなく注射のみですんでしまうので、ダウンタイムも一切必要ありません(まれに、違和感が残ったり内出血をする方もいます)。ただしヒアルロン酸は徐々に代謝されるため、効果は永続的ではありません。

費用:55,000円~(成分、メーカーにより価格が異なる)(聖心美容クリニック)

「SBC・リッチ・フェイス法」

自身の脂肪やコラーゲンを注射器で採取し、遠心分離器にかけて濃縮。それを目元に注入します。自己細胞なので異物反応を起こすこともなく安全。効果は永久的に続くそうで、ヒアルロン酸を何度も入れるならこちらのほうがオススメかと思います。

費用 : 脂肪抽出料60,000円+部位料金75,000円(湘南美容外科)

「コンデンスリッチフェイス法」

自身の脂肪を吸引するところまでは上と同じ。その後、独自技術で死活・老化細胞だけを取り除いた健康な細胞のみを使います。手術によるしこりや脂肪壊死のリスクをかなり減らすことに成功し、注入できる脂肪の量・定着する脂肪の量も増えています。

費用 : 脂肪採取抽出料135,000円+部位料金75,000円(湘南美容外科)

「TCB-R/TCB-F コンプリート法」

下まぶたの裏側から脂肪を取るところは経結膜下脱脂法と同じ。術後3週間したら、頬のへこんだ部分に脂肪もしくはラディエッセ(カルシウムの一種を主成分とする注入剤)を注入します。目の下のたるみを作り出す2つの要因を一気に解消できるので、かなり若々しい印象になります。

費用 : 328,000円~+麻酔代金23,000円~(SOグレイスクリニック)

「自己再生TCB」

下まぶたの内側から脂肪を取り、3週間後に「PRP血小板」を注入します。これによりコラーゲンの生成が促され、お肌が自力で再生していきます。用いる血小板は自身の血液から取り出した成分なので副作用はありません。目の下の凹みラインがない方にオススメ。

費用:318,000円~+麻酔代金23,000円~(SOグレイスクリニック)