エステ

エステでは、目の下のたるみを改善するためのメニューが設けられていることがあります。 なかなか改善されない目の下のたるみ、エステで改善されるのなら試してみたいものですよね。 実際どのような施術があり、どのくらいの費用がかかるのか確認してみましょう。

目の下のたるみ改善のためにエステではどんな施術をしているの?

目の下のたるみをエステで改善する方法としてどのようなものが思い浮かぶでしょうか。 メジャーなマッサージの他にも、さまざまな機器を使っているエステもあります。 エステでの施術をみていきましょう。

マッサージ

手や専用の器具を使って行われる施術です。 ツボ押しやカッサなど、エステごとに特徴があり、リラクゼーション効果も期待できます。

機械を使用しての施術ではないので、より自然な方法で目の下のたるみを改善したい人にはぴったりです。 ただし、マッサージでの効果は施術の方法やエステティシャンの技量にも左右されます。

キャビテーション

脂肪を分解して、垂れ下がっているたるみの部分を改善していく方法です。 ある程度脂肪のある目の下のたるみに効果が期待できます。

電気穿孔法

電気の刺激を利用して、目の下のたるみに必要な成分を肌に浸透させる方法です。 エレクトロポレーションといわれることもあります。

注射などのような痛みを感じることなく、肌へコラーゲンなどの成分を届け、内部から目の下のたるみ改善を図ることが可能です。

ラジオ波

ラジオ波ドレナージュなど、ラジオ波を利用した施術のこと。 肌の深い部分を温めることによって、血流を良くしたり、リンパの流れを良くしたりします。

さらに、肌深部を温めることによって、目の下のたるみ改善に効果が期待できるコラーゲンの生成を促進する働きもあります。

超音波

エステによっては超音波機器を利用していることもあります。 ラジオ波と同じように肌を温める施術ですが、より高い熱エネルギーによって、たんぱく質の変性を促し、目の下のたるみを引き締めることが可能です。

・フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは、一時的に肌細胞を活性化させる施術のこと。 光による施術で肌の軽度のやけどを負わせ、新しい肌を再生させていこうというものです。

エステの場合、クリニックとは異なり、フォトフェイシャルで使われる機器はより効果が穏やかなものになります。

ハーバルピール

ハーブを利用したピーリングのことで、古い肌細胞を落として、新しい肌細胞にしていく施術です。 ハーブを利用することで、ただピーリングするだけでなく、新しい肌細胞の活性化も図ります。

ただし、たるみの状況によっても変わりますが、1度で全てのトラブルが改善されないこともあります。

エステは高い?目の下のたるみ改善の費用

リフトアップマッサージのみという場合もありますが、エステではマッサージと機器を同時に利用したたるみ改善が行われる場合があります。 少なくとも1回あたりの施術15,000~30,000円は見ておきたいです。

また、エステの場合はクリニックとは異なり、医療機器が導入されていないことも多いです。 そのため、どうしてもクリニックでの施術に比べると効果が緩やかな傾向があります。

そのため1回の施術で目の下のたるみを改善していくというのは難しく、基本的には定期的に通うことになります。 たとえば1回20,000円の施術を受けたとして、1年間でエステでかかる費用は24万円です。

これを半永久的に通い続けていくとなると、かなりの費用がかかることがわかります。

エステに頼らなくても目の下のたるみの対策はある

気になる目の下のたるみを改善するのに、肌質を改善したり、肌再生を試みたりするエステの施術は魅力的ではあります。

しかし、目の下のたるみを改善するために定期的に通う必要性と費用を考えると負担はそれなりに大きいです。

エステに頼らない方法も考えていきたいですね。 対策としては、まず目の下のたるみが目立たないように、できるだけ加齢によるたるみを遅らせることが1つ。

加齢を遅らせる方法であれば、サプリやアイパッチなどのグッズを利用して、自宅でも目の下のたるみ予防をすることができます。 なによりエステのようにまとまった費用が必要にならないので、気軽にスタートすることができます。

またエステに通う必要がないので、自分のペースでケアができますし、自分に合った方法で対策することも可能です。

加齢とともに気になる目の下のたるみ。 マッサージでのケアだけでなく、ラジオ波や超音波などの機器を使って肌質改善や肌の再生をし、たるみの改善を図ることが可能です。

肌の内側から働きかける施術もあるので、一度できてしまったたるみを改善したいのであれば効果が期待できるでしょう。

ただし加齢は止めることができないので、何度も通院する必要がありますし、通院する度に費用がかさんでしまいます。

自分でできる目の下のたるみを遅らせる方法を併用することも大切。 アイパッチやサプリなどうまく利用して目の下のたるみに悩まない生活を送りましょう。