HOME » 目の下のたるみを改善できるその他の方法

目の下のたるみを改善できるその他の方法

目の下のたるみは、マッサージやエクササイズなど自身で努力を続けていけば徐々に改善できますが、時間がかかります。1日でも早く若々しい目元になりたい方は美容整形やレーザーなどに頼る方が多いですが、費用がかかります。どちらを優先するかは、あなた次第です。

自分でできる改善方法

エクササイズ

目の下にたるみが発生してしまう原因である、表情筋の衰え。でも一度衰えていても、再度鍛えることはできます。表情筋を動かしてトレーニングをすることで、たるみを解消に導きます。目の下をピンポイントで鍛えるのは難しいので、顔全体の筋肉を動かすように意識してみましょう。すると、自然と目の下の筋肉も鍛えることができますし、顔全体のリフトアップもできるはずです。エクササイズは毎日継続して、できれば朝晩と行ってください。特に頑張ってほしいのはお風呂上がりのタイミング。老廃物が流れやすい状態になっているため、目の下がすっきりしやすいです。たるみがない目元をエクササイズをしながら目指してみましょう。

エクササイズについてもっと詳しく>>

マッサージ

血行が悪くなるといいことはひとつもありません。むくみやすくなりますし、筋肉の緊張にもつながります。実は筋肉の緊張もたるみを作ってしまう原因。マッサージをすることで、かたくなった筋肉を柔らかくしたり、老廃物を流してあげましょう。ただし、マッサージにもポイントがあります。目の下をはじめとして、周辺の皮膚はとても薄いです。強い力を加えてしまわないように気を付けなくてはいけません。また、目の周りにはたくさんのツボがあります。目の下のたるみを解消するツボを意識しながらマッサージしてあげると、たるみ解消につながります。そのほか、皮膚でつながっている頭皮マッサージも取り入れるといいですね。

マッサージについてもっと詳しく>>

メイク

たるみ解消のためにいろいろと試していても、数日でびっくりするほど変わる、ということは基本的にありません。継続してやっと効果が見えてくるものです。しかし、どうしても今すぐにたるみが目立たないようにしたい、と思うことはあるはず。そんなときは一時的にたるみをカバーしてくれるコンシーラーやハイライトを活用してみましょう。また、ベースとしてほしいのがアイクリームです。保湿をすることでシワが発生しづらくなります。たるみを解消するというよりかは、上手に隠す方法ですね。テクニック次第で気になるたるみを隠すことができます。基本的なたるみ解消の対策をしながら、普段はメイクで隠すといいでしょう。

メイクについてもっと詳しく>>

整形や美顔器でできる改善方法

美顔器

肌の奥までちゃんと美容成分を届けてくれるアイテムとして人気が高いのが、美顔器です。保湿成分をより奥まで浸透させてくれるため、肌を内側から変えていってくれます。肌には生まれ変わり周期があり、それをターンオーバーと呼んでいます。美顔器は、このターンオーバーが正常化されるように導いてくれます。超音波を当てて肌を活性化させるのが美顔器の主な役目ですが、それ以外にも毛穴の奥に入り込んだ汚れを落とすクレンジング機能や、肌を温めて毛穴を柔らかくする温め機能があるもの、イオン導入までしてくれるものと機能も多彩です。自分に合った機能が搭載されている美顔器を選びましょう。

美顔器についてもっと詳しく>>

レーザー治療

たるみ対策を自分で頑張っていても、なかなか効果が出ない…どうしてもたるみが解消されないとなれば、レーザーでの解消を考えるのも1つの方法です。プロの手を借りることになります。レーザー治療は皮膚を切開することなく、肌細胞に対して直接レーザーのパワーを届けます。効果の出方や効果が継続する期間は、使用するレーザーマシンによっても異なるため、どのクリニックでどんなレーザーマシンを使って施術を受けるのか、あらかじめ確認して納得のいくレーザー治療を受けましょう。

レーザー治療についてもっと詳しく>>

美容整形

たるみを完璧になくしたい、という希望があれば、美容整形がおすすめです。お金がかかるのがネックになりやすいですが、最も効果的といえるでしょう。美容整形というと怖いと感じる人もいるかもしれませんが、実際にはまぶたの裏側から脂肪を取り出すことが多いです。そのため、表には傷が残ることはありませんし、ダウンタイムも短く済む方法が最近は主流となっています。美容外科によっては、オリジナルの技術で行っているところもあるため、どのクリニックを選ぶのかが大切です。経験がしっかりとあり、親切で丁寧にカウンセリングをしてくれる医師が在籍しているクリニックを選びたいですね

美容整形についてもっと詳しく>>

目の下のたるみに役立つグッズ5選

目元パッチ

目元パッチは、ヒアルロン酸の針がたくさんついており、それを肌に刺すことによって、肌の内部へ直接的に美肌成分を届けることができる、というグッズです。目の下の形になっているため、たるみが気になるところにピンポイントで使うことができます。医療分野でも今は注目されている技術を採用しており、針といっても痛みはちょっとチクっとするかな?という程度で誰にでも使いやすいです。

美容テープ

即効性のあるたるみ解消が期待できる方法の1つ。美容テープを張ることで皮膚を上に持ち上げ、気になっていたるみを見えなくする、というものです。美容テープをリフトアップしたい位置に貼ることで、ハリのある状態になります。指で引っ張っているのと同じことを美容テープで作って、維持できるようにするという方法ですね。透明で目立たないものが多く、メイクを上からしてしまえば目立ちにくいので、自然な仕上がりになります。即効性もあるのですが、長く貼り続けることによって、フェイスラインが変わっていき、目の下のたるみも改善していくとされています。

美顔ローラー

美顔ローラーは、マッサージと同じ効果が期待できるアイテムです。手でお手入れするよりも、ローラーでマッサージしてしまったほうが簡単。テレビを見ながらでも片手に美顔ローラーを握りしめてコロコロするだけでOKです。目の下のたるみだけではなく、フェイスラインのマッサージもすることで顔全体を引き締める効果も期待できるでしょう。使用するときは目頭から目尻に向かって、持ち上げるようにして転がします。コロコロしている間に摩擦が起こってしまうため、クリームやジェルなどを使うといいでしょう。

かっさ(刮?)

かっさは、老廃物を流すために行う方法です。皮膚の経路や反射区の刺激をして、血管やリンパに圧力を加える美容法。デトックス効果が期待できます。血行が良くなって老廃物が流れやすくなるため、たるみ解消につながるでしょう。市販されているかっさは金額もさまざま。1,000円程度から高いものでは6,000円ぐらいのものもあります。素材や形によって値段は変わりますが、目元用としてかっさを購入する場合は小さめサイズがおすすめです。

ホットアイマスク

目の周りの筋肉がかたくなっていたり、血行を良くする効果があるのがホットアイマスクです。温めることで血管が開いて血液が流れやすくなり、筋肉もほぐれます。また、マッサージなどをする前にも温めておくとより効果的、といわれていますね。ホットアイマスクを使って温めてからケアしてみましょう。温めるだけでも目元がすっきりとしてリラックスできます。使い捨てのものが便利で、価格もそれほど高くありません。目の疲れが気になるときにも使ってみてください。

目の下のたるみを解消するための方法はたくさんあります。自分がどんな方法で解消したいかを考えてみましょう。時間をかけてでも、お金をかけずに地道に解消を目指したいという人は「自分でできる改善方法」の中から、時間はできるだけかけず、お金をかけてすぐにでも解消したいという人は「整形や美顔器でできる改善方法」の中から、そしてできるだけお金もかけたくないけど早く効果を実感したいという人は「目の下のたるみに役立つグッズ5選」の中からいい方法を見つけましょう。

目的による目の下のたるみ用グッズの選び方

ここまで挙げた5つのグッズは、自力だと難しいケアの手助けになります。より美容成分を浸透させたいのであれば目元パッチですし、温めたいならホットアイマスク、応急的な見た目の改善には美容テープが役立つでしょう。マッサージには美顔ローラーやかっさが効果的です。

また目の下のたるみを解消するには何事も継続が大切です。面倒だったりコストがかかったりすると長続きしません。毎日無理なく続けられる方法を選びましょう。簡単なのは目元パッチやホットアイマスク、コスト面では初期費用が安いかっさが優れています。

目の下のたるみ用グッズを使うときの注意点

どのグッズも目元に何らかの刺激を与えます。せっかく目の下のたるみを解消しても他の部位に影響を及ぼしては意味がありません。必ず注意書きに目を通し、特に目や周囲の皮膚が炎症を起こしているときは使用を避けます。異常が発生したり不快感があったりしたら、すぐに医療機関を受診しましょう。効果があるからと無理をしてはいけません。

目元パッチや美容テープのような直接肌に触れるグッズはパッチテストをしたほうが無難です。かっさや美顔ローラーは皮膚を傷めないように正しい使い方をマスターしましょう。定められている使用時間があれば守ります。長く使用したところで効果が上がるわけではありません。

他にも目元パッチはあらかじめ化粧水で潤いを与えておくと、保水力を発揮しやすくなります。かっさや美顔ローラーには摩擦を防ぐクリームが欠かせません。先述のとおりホットアイマスクはアイクリームやサプリメントの併用で効果が高まります。こうした相乗効果も確認したいところです。

番外編

温冷ケアといって、温めてマッサージをしてから、冷たいパックをして毛穴を引き締めるという方法もあります。温冷を繰り返すと、肌の引き締め効果が期待できるでしょう。また、目の下のたるみにアイクリームやサプリメントを併用するのもおすすめ。さらに効果を高めることができるでしょう。

血行と目の下のたるみ

目の下のたるみは目の疲れが原因で、その元となるのが血行不良です。パソコンやスマホの画面を見すぎると目が疲れ、血行が悪くなります。

その結果、目の下のくすみやたるみに繋がってしまいます。また血行の悪さはむくみの原因にもなり、まぶたが腫れぼったくなってしまいます。

その他にも塩分の多いものの食べ過ぎもまぶたの腫れを引き起こします。

このように、血行不良が目の下のたるみを引き起こす原因となってしまうことから、血行を良くする美容法を取り入れることがトラブルの改善に繋がります。

温冷美容法の効果とは

例えばエステではまず顔にホットタオルを当てて顔全体を温めてからフェイシャルマッサージを行います。温めることでまず血行を良くし、肌の状態を整えます。

そのあと冷たいパックをすることで血行がさらに良くなり毛穴が引き締まってハリのある肌を感じることができます。

またサウナや温泉には水風呂がありますが、水風呂に入ることでより血行が良くなり肌が引き締まるような爽快感を感じます。

このように、温冷を交互に繰り返すことは血行を促進し、肌の引き締め効果を得ることができます。

この温冷による効果をまぶたに利用することが「温冷ケア」で、目の下のたるみを解消して皮膚を引き締める効果が期待できるでしょう。

温冷ケアのやり方

ではまぶたの下のたるみ解消を目的とした温冷ケアのやり方についてご紹介します。家庭にあるものでできるので、特別に買い揃える必要はありません。

必要な物・・・ホットタオル(濡らしたタオルを電子レンジで温めたもの)、冷蔵庫または冷凍庫で冷やした大きめのスプーン

やり方・・・目元に温めたホットタオルと冷たいスプーンを交互に当てます。スプーンは心地良い程度の力で押すことで、ツボの刺激にもなります。

温冷ケアは入浴後や寝る前などのリラックスした時間に行うことが効果的です。好きな音楽や好みの香りのアロマなどを炊いてリラックスしながら行ってみてください。

アイクリームやサプリメントを併用する

温冷ケアは目の下のたるみや腫れなどを改善するアイケアのひとつです。毎日続けることでたるみ解消の効果が期待できますが、さらに美容成分を含んだ美容液やアイクリーム、サプリメントを併用することでさらに効果が高まります。

毎日継続してアイケアを行い、いつまでもハリのある若々しい目元をキープしましょう。

グッズを使用することで、目の下のたるみも解消可能

目の下のたるみを解消するためのグッズも数多く市販されています。表情筋のトレーニングやマッサージ、温冷美容法など自力ですべてを行うのは大変ですが、グッズがあれば簡単です。そんな便利グッズと選び方、注意点を紹介しましょう。