目の下のたるみが消えれば見た目は10歳若返る

顔の印象を決めるのは良くも悪くも「目」。健康的で大きければ「若い」「可愛い」と感じますし、クマがあったりまぶたが重いと「疲れている」、目の下にたるみやシワができていると「老けている」というイメージを与えてしまいます。この老け顔サインは年齢を重ねたお肌はもちろん、摩擦や刺激を多く受けたり、表情筋が固まって動かない方にも出てきます。お肌の栄養補給と表情筋のトレーニングで、たるみのない若々しい目元を取り戻しましょう!

特集

今注目されているのが「目元パッチ」

目元パッチとは?

目元用シート・マスクに似ているアイテムなのですが、近年医療業界でも注目の「マイクロニードル」技術が使われているのが特徴。美容成分で作られたミクロ単位の針を100本以上お肌に直接刺すことで(チクチクとした刺激程度です)、お肌が美容成分を本当に必要としている真皮層まで直接届けることができる、革新的な技術です。

引用元:クオニス公式HP
公式HP :https://www.palette-store.com/landing/df01_01.php

目元パッチの
メリット

  • 難しいケア方法は一切なし!使い方は「パッチを気になる部分に貼って一晩寝る」、それだけ。翌朝には美容成分がお肌にたっぷり浸透してハリツヤ溢れる若々しいお肌に変身できます。
  • 化粧水やクリームと違い、成分が浸透できずに留まってしまうことなく、お肌に刺さった針部分から美容成分が溶け出して直接浸透していくため、確実に成分を肌内部に届けられます。
  • 美容成分のみで構成されており、保存料などのお肌に影響を与える化学物質は無添加なのでお肌に優しい。その上常温保存ができ持ち運びもできるので、時間と場所を選ばずケア可能です。

既に美容大国である韓国では多くのコスメメーカーがマイクロニードルを取り入れた目元パッチを販売中。日本国内のメーカーにもその流れが押し寄せており、純国産マイクロニードルパッチも徐々に増えてきています。同じような商品に見えても、配合成分や製造技術などは各メーカーごとに異なるので、よりご自身のお肌に合ったものを探しましょう。

目の下のたるみを
改善できるアイパッチ
LIST

アイパッチ(目元パッチ)のマイクロニードルは、1gで6Lもの水を抱え込む保水効果が強みのヒアルロン酸を主成分として作られています。たるみが出てしまった目元に貼って寝るだけで水分がたっぷり浸透した肌になり、ハリ・弾力たっぷりの状態へ生まれ変わりますよ!まるでセルフ・ヒアルロン酸注射をしているかのような感覚です。

アイパッチの比較はこちら>>

目の下のたるみを
改善できる美容液
LIST

アイパッチは週に1~2回のスペシャルケアアイテムなので、毎日しっかり美肌成分を浸透させたいなら美容液を使いましょう。年齢肌のことを考えた成分がぎっしりと詰まっており、使い続けることでリフトアップ効果を実感できます。

目の下のたるみを
改善できるクリーム
LIST

目元のケアといえばクリームも鉄板ですね。皮膚の薄い部分をケアすることに特化しており、お肌に負担をかけずに濃密な成分を浸透させられる処方になっています。目元はもちろん、ほうれい線やおでこのシワなどにも効果的!

肌のたるみ改善に効果のある成分

加齢による肌老化で栄養成分が足りなくなると、お肌はピンと張った状態を維持できずにたるみやシワが生じます。お肌に再びハリを取り戻すには、ハリと潤いを保つ保湿成分や肌細胞を活性化する成分を、化粧品や食事から積極的に補って成分不足を解消してあげることが大切です。以下のような成分を積極的に補うことで、たるみの改善に役立ちます。

目の下のたるみを改善できるその他の方法

目の下のたるみは美肌成分不足に加えて「表情筋の衰え」も影響しています。マッサージやエクササイズ等で顔の筋肉をしっかり動かして、上向きのお肌を維持できるように心がけましょう。また、改善ではありませんがメイク術でたるみをキレイに隠すことができますので、挑戦してみてください。今すぐに改善したい方は美容外科をオススメします。

目の下のたるみについて知っておきたい基礎知識

多くの人が一番初めに見る顔のパーツが「目元」です。顔の印象の90%は目元で決まるといわれており、全体的な雰囲気は若々しくても目元にたるみが出ているだけで「老けている」と思われてしまうんです。たるみを改善し、増やさないためにはどうしたら良いのでしょうか?目の下にたるみができるメカニズムから勉強しましょう。

  • たるみができる原因

    年を取ると美肌成分不足でお肌がしぼんでしまいます。目の周りは特に皮膚が薄くたるみが出やすい、という理由もありますが、一番の原因は表情筋が緩んで「目の位置」が下がることです。

  • 今すぐできる予防法

    日常生活の中で顔を大きく動かすことはあまりないですよね。積極的に筋肉を動かして、筋力の衰えをカバーしましょう。それと同時にお肌を活性化する成分を摂ることも大切です。

  • たるみを悪化させるNG行動

    お肌に刺激を引き起こす行動は当然ながらお肌を痛め、美容成分を流出させるのでたるみを悪化させます。また、パソコンやスマホも原因の一つで若い世代にもたるみ肌が増えています。

  • たるみとクマの違い

    たるみとクマは同じ場所にできる上、どちらも目の印象を暗くする…しかし、改善方法はまったくの別物!対策をしてもクマが消えないとお悩みの方は、たるみを疑ってみてください。

診断テスト あなたに合った目の下のたるみ改善方法は?

目の下のたるみには個人差があり、人によって原因も症状も異なります。そのため全ての人が満足する完璧な改善方法もありません。この診断テストでは、自覚症状の項目をチェックすることで、その人に合った改善方法を紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

  • q1

  • q2

  • q3

  • q4

  • q5

  • q6

  • q7

  • q8

  • q9

  • q10

結果を見る

リセット

あなたに合う目の下のたるみ対策は・・・

「まだ心配するほどではない。保湿をしっかり!」

あなたに合う目の下のたるみ対策は・・・

「今すぐしっかりケアしないと間に合わないかも?!」

目元パッチ

おすすめ目元パッチを見る

あなたに合う目の下のたるみ対策は・・・

「セルフケアで改善できるレベルではないかも…」

クリニックで施術

おすすめ施術を見る